アクセスカウンタ

なんでも勝手な評価

プロフィール

ブログ名
なんでも勝手な評価
ブログ紹介
管理人が興味を持ったものを無秩序に評価していくサイト
zoom RSS

死に逝く君、館に芽吹く憎悪 攻略

2016/08/07 16:20
BUG SYSTEMの 死に逝く君、館に芽吹く憎悪 の全ルートを攻略した

この作品は和泉万夜がシナリオを担当していて
かつてのBLACK CYCと同レベルの質のいい陵辱っぷりで、
ストーリーの方も普通の小説に負けないレベルの内容だった

OPの方もデンカレが担当していて、ブサイクファンにはたまらない作品だと思う

業界を通して、最近はぬるい作品ばかりだが、
この調子でかつてのようないい絶望に溢れた作品
もっと作られることを祈っている


最後に、攻略は以下のとおり

(セーブ0)
眠っている男を殺害する
(セーブ1)
夏花とともに逃げる
自分を食べればいいと言う

(セーブ2)
心々乃を止める
(セーブ3)
この部屋に残る
(セーブ4)
メイドを信用する
客人の女の話に乗る

(セーブ5)
何らか行動を起こす
(セーブ6)
館の男を殺す
(セーブ7)
愛夢の部屋を探す
(セーブ8)
何か協力できることを探す

⇒ TRUE END


(ロード8)
みあの指示に従う

⇒ 脱出・逆転END

(ロード5)
この場で大人しく待つ

⇒ 脱出END


以下は、BAD END

(ロード7)
食料貯蔵庫へと向かう

⇒ BAD END1

(ロード6)
愛夢と話す

⇒ BAD END2

(ロード4)
自分達だけで実行する

⇒ BAD END3

(ロード4)
客人の女の話に乗る

⇒ BAD END4


以下はCG回収のため選択


(ロード3)
厨房に隠れる

(ロード2)
愛夢の血を手に入れる
メイドを信用する


(ロード1)
みあを搜す

(ロード0)
これでは殺せないと夏花を説得する
目を閉じて誰かを選ぶ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


EXTRAVAGANZA〜蟲狂編〜

2016/06/05 14:59
BLACK CYCの久しぶりの新作・EXTRAVAGANZA〜蟲狂編〜 をプレイ・クリアした


ルートは


「とっても似合ってますよ」
「猛毒を持つカエルがいるそうですよ」
「綾佳ちゃんに好かれていることは嬉しいですか?」
「新鮮で見ていて飽きません」

(セーブ1)

「洞窟の外で待つ」

HAPPY END


(ロード1)

「ユーリアと一緒に行く」

BAD  END


となっている


内容は、HAPPY ENDルートは、ストーリー重視で、
BAD ENDは陵辱重視となっていた

ストーリーに関しては10年前の蟲愛本編よりは少し
ぬるめではあったものの
十分に楽しめる内容だったと思う

陵辱シーンについても、蟲愛本編に比べると少し弱くなっていて、
事前の開発ブログの内容からハードルが上がっていたので、
インパクトが弱かったが、
このシリーズならではの絶望感はしっかりと出ていて
満喫することができた


これを契機に、「ものくろめたる猫」のほうも
再始動してくれることを願っている
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妖神鎮め 少女の決断、御子の決意 プレイ

2015/05/31 16:18
CYCLET の 妖神鎮め 少女の決断、御子の決意プレイ、CG・シーンともに100%になった


和泉万夜が久しぶりにCYCブランドの作品のシナリオを書くと聞いてかなり期待していたのだが、内容は非常に残念なものだった


まず、キャラデザインはかつてのBLACKCYCに負けず劣らずのクオリティで良かったが、これは釣りであった


シナリオは、ほぼ一本道であり、選択肢を間違えるとBAD END正解すると次のシナリオに進める、という形式だった


まだこれはストーリーが少し単調になったというくらいだが、致命的だったのは次の点



全体的なストーリーとして、若い男女カップルが、将来について葛藤と繰り返しながら一歩一歩成長して明日を掴んでいくという、よくある青春ものな展開だったが、CYCブランドにそのような作品は望んでいない


そんなカスみたいな話は他のブランドに任せておけばいい


こっちは、仲間や親友に裏切られたり、常識外の展開に狂気に取り付かれたり、といった絶望感溢れる展開を期待していたのに、こんな飽き飽きする内容を見せられて失望した


かつて「MinDeaD BlooD」や「 EXTRAVAGANZA」を製作した時の狂気を、和泉は失ってしまったとでもいうのか


非常に残念だ


またシステム的にも少し不具合があり、セーブ・ロード・終了時の確認を
ダイアログメッセージで行っているのだが

フルスクリーンで起動していると、たまにウィンドウの後ろに表示されることがあり、
その度に「Alt + Tab」で画面を再表示させないと画面がフリーズしてしまうという点だ



最後に、攻略手順としては、


選択肢1

杏子を追いかける      → 選択肢2へ 
この場で少し休んで行く  → BAD END1

選択肢2

杏子を追いかける      → BAD END2
大人しく山を下りる     → 選択肢3へ 

選択肢3

湊太の後を追う       → BAD END3
伊香と一緒にいる     → 選択肢4へ 


選択肢4

湊太について行く      → エンディングへ 
この場で待つ  → BAD END4


である 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


腐果の濡獄 攻略

2014/02/22 22:25
Tinker Bell の 腐果の濡獄〜蠢く妄執の連鎖・・・・・終わりのない饗宴〜 を全ルート攻略した


今のところ、攻略手順を書いたトコがないからこちらに書いておく


〜新月の子ら〜ルート ⇒ 真相END


第1章・〜凶鳥の誘い〜

(セーブ1)

・若い女を……?

・似たものを思い浮かべた

(セーブ2)

・逃げる

・手近な女を---

(セーブ3)

・身構える



第2章・〜新月の子ら〜

(セーブ4)

・まだもう少し……

(セーブ5)

・まだ頑張れるな……?

(セーブ6)

・冷静にならなくては

・惑わされてはいけない


第3章・〜人外境崩壊〜


真相 END




〜愚人の夜〜ルート ⇒ ダークEND

(ロード1)

・それとも……?

・まるで違うものを思い浮かべた

・逃げる

・どこか遠くの女を---

・身構える


第2章・〜愚人の夜〜

(セーブ7)

・言いなりになる

・焦ってしまう……

(セーブ8)

・もうどうでも……

・混乱してしまう


第3章・〜人外境崩壊〜

(セーブ9)

・先輩だけは……


ダーク END





TRUE END


TRUE ENDに至るには第2章の「〜新月の子ら〜」「〜愚人の夜〜」の両ルートを最後までプレイする必要がある。(満たしていない場合は、BAD ENDになってしまう

(ロード6)

・ …………

・ …………


TRUE END






BAD END一覧


(ロード2)

・突っ込む

BAD END1



(ロード3)

・ …………?

BAD END2



(ロード4)

・やっぱり駄目か……

BAD END3



(ロード5)

・ここを出たいか……?

BAD END4



(ロード7)

・反抗する

BAD END5



(ロード8)

・こうなったら……!

BAD END6



(ロード9)

・ …………

BAD END7






感想としては、プレイをし始めた時は、かなり自分好みの魅力的な展開に心踊った


凋落して、新作を作れなくなったBLACK CYCのかつての作品を彷彿させるテーマと内容だと感じた



ただ悲しいかな鬼才・和泉万夜とその他のシナリオライターでは実力差が大きかったようで後半になるにつれてグダグダ感が増していったように感じた


まず全体を3章に区切っていて、それを宣伝時にもアピールするこれはプレイヤーをワクワクさせるいい手法だと思った


しかし、実際にプレイしてみると特に3章に区切る必要はなく、ほぼ同一時間軸で話が進んでいた


おそらく、3章を使用して「起」「承」「転」そして、最終的なシナリオ分岐を経て「結」を表現しようとしたのだと思う


こういうサスペンス系なら「起」で物語の枠作りをしたら、「承」でそこに至った過去の出来事など伏線をいくつも張り、「転」と「結」で回収する形式が良かったと思った


また、伏線を張りたかったんだと思うが、1章で2章のキャラが、そして2章で3章のキャラが不自然な形で表現されており、それによってせっかく隠蔽して展開していっている真相の一端が容易に予想できてしまった


さらに締めとして、最後には最高に狂った展開を期待していたのにありふれた平々凡々とした終わりでガッカリすぎる


攻め方も単調で、電撃が出てきたときはBLACK CYCの十八番と同じワクワクしたが、最後までずっとそういう方向ばかりだとさすがに飽きた


襲うのも謎の男一人だけなこともそうだし、もう少しバリエーションが欲しかった



まあ、でも眠気のする純愛ものはもちろん、エロだけを追求した陵辱ものよりは断然楽しめた
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


願いの欠片と白銀の契約者 色紙当選

2013/12/28 13:25
願いの欠片と白銀の契約者のキャンペーンでの声優色紙プレゼントに当選


「少女A」役の遠藤綾サイン色紙が手元に届いた


色紙
画像



propellerからのクリスマスメッセージ
画像




まさか当選するとは思っていただけに嬉しい
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


願いの欠片と白銀の契約者 オールクリア

2013/09/10 22:57
propeller願いの欠片と白銀の契約者 の全ルートをクリアCGも全て回収できた


攻略手順としては


(選択肢でSAVE)

「わたしの家に帰ろう」  ⇒ ジェシカ ルート

「ヤンさんの背中を見送った」 ⇒ ヤン ルート

{%注意!webry%}「レイカさんとアカネさんを帰そう」 ⇒ 璃子ルート

上記3ルートを見た後最初から選択肢までプレイ

「ふっと意識が途切れていた」 ⇒ 光奈ルート


最初からプレイ

燈子ルート

麗羅ルート

(選択肢) ← ここで全ルートクリア



感想としては、グダグダなシナリオ展開のままTRUEルートといえるような展開もなく、消化不良である


そこらの三流の同人作品でも、もっとシナリオはしっかりしているのに、大手、それも燃焼系で売ってきたトコがこんなクソみたいな不完全燃焼作品を作ってはいけないと思う


これで発売日を1ヶ月延長しているんだから始末が悪い


BGM作画もそれほどパッとしておらず、ただただ声優陣が豪華なだけが取り柄の作品といえる


とうとう扇風機ことpropeller斜陽期に入ってしまったのかと悲しくなった
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


願いの欠片と白銀の契約者 〜光奈 ルート クリア〜

2013/09/06 05:27
願いの欠片と白銀の契約者光奈ルートをクリア


これまでの3人のルートを見ると、選択肢に「ふっと意識が途切れていた」が追加されており、それを選択することでルートに入った


内容は、これまで謎にされていた部分の種明かしみたいなものだった


だが、propellerのシナリオにしてはまだ薄っぺらい感じがするので、さらなるルートが隠されていないか探してみる
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

なんでも勝手な評価/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる